糖尿病予備軍 改善

糖尿病予備軍は食事で改善できる?

 

 

健康診断などで血糖値が高めと言われた方や、医師から「境界型」「糖尿病予備群」と言われた方、本格的な糖尿病になる前に少しでも予防・改善策をとっておくことをおすすめします。そのまま糖尿病になっても放置していると、腎症や網膜症、神経障害など深刻な合併症に怯えることになる他、全身の血管が障害を受けることで様々な病気や不調に見舞われてしまうことになります。

 

糖尿病予備群だからといって安心はできません。限りなく糖尿病に近い状態であることを忘れないようにしてくださいね。ここでは、糖尿病予備群を食事で改善していく方法についてご紹介していきたいと思います。

 

 

糖尿病予備軍の方は、まず食事の改善から!

 

本格的に糖尿病と診断されている方の場合、食事療法・運動療法・薬物療法などを取り入れた治療が行われていきます。糖尿病予備群の方の場合にはまだギリギリ糖尿病の域ではありませんので、薬物治療などは行わなくて済むのですが、食事療法と運動療法は積極的に取り入れていくべきと言えます。

 

 

 

食事療法は、簡単に言えば健康的な食生活をするだけで良く、さらには他の病気や生活習慣病などを予防していくこともできるものです。病気にはなっていなくても、食事の見直しは行っていくべきですよね。糖尿病の食事療法と言えば、好きなものが食べられない、甘いものが食べられない、味が薄いものばかり・・・というようなイメージがあるかもしれませんが、それらの食事療法は以前のもので、今はもっと自由に治療が行えるようになっています。

 

 

 

予備軍の状態から本格的な糖尿病を予防していくためには、食事において以下の4つのポイントが重要となります。

 

 

糖尿病予防、食事改善における4つのポイント

 

1. 1日3食しっかり食べること

2. ゆっくりよく噛んで食べること
3. 栄養バランスを考えること
4. 食べる順番に注意すること

 

 

1日3食しっかり食べること

 

 

 

食べる回数を減らしたほうが血糖値が上がりづらくなるのでは?と思う方もおられるかもしれません。ですが、食べる回数が少なくなると、その分お腹が空きますので1回でたくさんの量を摂ろうとしますよね。そうすると、食後の血糖値がより高くなってしまうのです。
1日3食、バランスの良い食事をしっかりと食べることが重要なポイントとなります。

 

 

ゆっくりよく噛んで食べること

 

 

 

仕事柄、どうしても早食いになってしまうという方もおられると思います。糖分の吸収は小腸から行われるのですが、早食いの方ほど食べたものが小腸に到達するまでの時間が短く、血糖値を急激に上昇させることに繋がりやすくなります。
ゆっくりとよく噛んで食べるようにすることで、たくさん食べる前に満腹感を得やすくなりますし、胃腸にも優しいのでおすすめです。

 

 

栄養バランスを考えること

 

 

 

どのような病気の予防でも、「栄養バランスの良いものを」と言われますよね。栄養バランスが偏った食事は、短時間で消化吸収が行われてしまうため血糖値が上昇しやすいという特徴があります。様々な食材を取り入れたバランスの良い食事の場合には、消化吸収が行われるまでに時間がかかるため、血糖値の急上昇を防ぐことができます。
他の病気を予防する意味でも、栄養バランスについて今一度考えてみることが大切です。

 

 

食べる順番に注意すること

 

 

 

糖尿病を予防していくために食事の内容だけを改善するだけではなく、食べ方を改善するという方法もとても有効です。
食後の血糖値を急激に上昇させることがないようにするため、食べる順番を工夫してみてください。

 

野菜・汁物→お肉・お魚→白米・パン・麺類

 

このような順番で食べるようにすることで、血糖値の急激な上昇を抑えることができる他、1品ずつ食べ終えることで、ご飯や麺類などの炭水化物を口にする頃にはある程度の満腹感を得ることができます。このように食べ方を変えるだけでも、自然と高血糖につながりやすい炭水化物の摂取量が少なくなったり、食物繊維たっぷりの野菜を先に食べることで血糖値の急激な上昇を抑えることができるのですね。

 

 

糖尿病食の宅配食もあります

 

 

 

糖尿病食と聞くと、”病人が食べるご飯”や”美味しくないご飯”といったようなイメージがある方もおられるかもしれませんが、糖尿病食は健康食と言われるほどに身体に良いものなのです。
どのようなメニューにすればいいのか分からないという方や、糖尿病を予防するためにバランスの良い食事を摂りたいという方は、糖尿病食の宅配を注文するということもおすすめです。献立も豊富ですし、自分で作ってみる前に勉強用としても役立ちます。

 

 

 

そして、糖尿病を予防していくためには、食事だけではなく適度な運動も取り入れていく必要があります。難しく激しい運動ではなく、ウォーキングなどの軽い運動で問題ありませんので、毎日続けていくことが大切です。

 

糖尿病以外の病気からも身を守ることができますし、なにより健康のために、食事や運動について見直してみてはいかがでしょうか。